大きいサイズのファイルを預かってもらいたい時に便利で良心的な無料のオンラインストレージサービス。MediaFire


容量の大きいファイルを預かってくれるサービス:MediaFire





※利用には、預けたファイルの編集や削除を行う為に、無料の会員登録が必要です。



容量の大きいファイルを配信したい!

 例えばFC2や忍者ブログに付いているアップローダーでは2MBまで。
 有料プランでも5MBまでのファイルしかアップロードできません。
 当ブログの管理人がアップロードしたいのは、SIMS3のカスタムワールド。一番小さなサイズでも10MBです。
 これは無理ぽ。どこかのサービスを借りないと……そんな時に行きついたのがMediaFireです。



MediaFire

 ファイルをインターネット上で預かってくれる(共有できる)サービスのことを、オンラインストレージと呼ぶんだそうです。
 それまで「容量 でかい ファイル ダウンロード」と検索を掛けていたサリー。引っ掛かるのはファイル転送サービスばかりで、求めているのとちょっと違う。オンラインストレージと、ファイル転送サービスは、どこがどういうふうに違うのか。というのの説明は、サリーは出来そうにないので断念します(えっ)。ファイル転送サービスは3~7日間程の短期間、ファイルを預かってくれるサービスだと思ってください。
 結局、検索では求めているサービスを見つける事の出来なかった当時のサリーは、SIMS3のMODを扱う海外サイトやブログを訪問して探すことにしました。実際に配布物をダウンロードしに行って、自分の中で一番ダウンロードがしやすかったサービスを利用しようと思ったんです。
 それがMediaFireでした。



選んだ理由は、配布物を欲している人がダウンロードしやすいから。

 自分の中で、避けたかったレイアウトがあります。
 ●ダウンロードの文字が至るところにあり、どれをクリックしたらいいのか分からない。
 ●広告が至るところにあり、紛らわしいダウンロードの文字が表示されている。


 ダウンロードはここをクリック!と大きく書かれた正方形の広告に挟まれて、本来のダウンロードリンクを置いているようなサイトありますよね。あの紛らわしさと、ちょっと悪質な感じのレイアウトは、どうしても避けたかったんです。特に海外サービスは当然外国語ですよね。外国語が分からなくても、直感でダウンロードが分かるようなサービスを利用したいと思っていました。そのダウンロード画面がこちら。



ダウンロードするボタンが分かりやすいMediaFire





 どうでしょう!!?
 ……(:3_ヽ)_
 そんな事ない、広告3つもありますやん。別に普通ですYO。
 そう言われてしまったら、ぐうの音もでないサリー(:3_ヽ)_

 こちらのダウンロードページでしたら、海外サイトでMODSをダウンロードする時でも、不安なくダウンロードできませんか?
 これなら初見さんでも迷うことなくダウンロードできそう。そう確信した当時のサリー。




 こうやって、補足画像を当該記事に載せておけば更に迷いませんよね。
 そして、MediaFireを選んだ理由はダウンロードページの分かりやすさだけではありません。



MediaFireの良い所。無料でも無期限でファイルを預かってくれます。

 これが何気にすごい。
 管理人が最初にアップロードしたカスタムワールドの『ワンダフル・ロゴ』。こちらは2013年にアップロードしたものなんですが、たとえ配布物の更新がなくとも、誰もダウンロードする人がいなくとも(えっ……)、2018年経った今でもしっかり保管してくれています。驚くのは、2018年を迎えるまで、サインアップすらしていなかったことです。サインアップというのは、ログインのことですね。だいたいのサービスは、それだけの長い期間管理者が不在だったら、アカウントもファイルも削除してしまうのが普通です。
 ゆるくなが~く、(たまに忘れ気味で)配布し続けたい人にぴったり!
 まさに管理人にぴったり。


 ただこの点に関しては、MediaFireが言うには「この先容量が増えてサービスがパンクしそうになったら、使われてないファイルから削除をお願いするかもしれない」ということです。
 これはおそらく、無期限でファイルを預かってくれているサービスはどこも同じだと思います。



MediaFireでアップロード! とても簡単。

 実は昔、サインアップ無しでもファイルを預けることができたMediaFire。もしかしたら容量がいっぱいになってしまったのかもしれませんね。サインアップ無しでのアップロードを行う画面が、今は見つけられませんでした。不必要な情報ですが、一応書き残しておきます。





 こちらがMediaFireのアップロード画面。シンプルでとても見やすいです。『+』のところをクリックしてファイルを参照するか、ファイルを『+』にドロップすればOKです。
 アップロードしたファイルの中で、同名のファイルがある場合は上書きできます。その際に、ファイルのURLが変わることはないので、ファイルの中身を修正して再アップロードした際に、わざわざ自分のブログのダウンロードリンクを書き直す必要がありません。



どうしてMediaFireをおすすめしているのかというと――

 MediaFireさんからお金を貰っているわけではありませんw
 2013年から使い続けてきて、その使いやすさと無期限預かりに満足しているからですヽ(´ー`)ノ
 こちらは本当に良いサービスなので、色々と迷われている方の参考になれば幸いです。

[スポンサーリンク]






関連記事

Comments 0

Leave a reply